結婚を決意させる方法は一つしかありません

この記事は女性向けとなります。

なぜなら結婚するかしないかの主導権は、男性が握る可能性が高いからです。

 

多くの女性は結婚したいと思っていますが、男性はそうではないことのほうが多いです。

そのため、女性から男性に結婚するよう働きかける場面が多くなります。

 

なぜ男性はそれほど結婚に前向きではないのか、どのようにすれば結婚する気になるのか、順を追って説明します。

 

男性は結婚に対するあこがれがない

女性は、こんなところで結婚式を挙げたい、キレイなドレスが着たい、親を安心させたい、子どもがほしい、仕事をやめて専業主婦になりたいなど、結婚に対する期待が色々あるかと思います。

ですが、男性にはあまりありません。

 

男性同士で、結婚について前向きに話すことは少ないです。

おそらく、男性向けのメディアには結婚に対するあこがれを喚起するものが少なく、むしろ「責任が重くなる」「自分で使えるお金が少なくなる」など、結婚に否定的な意見のほうが多いことが原因ではないかと思います。

 

とにかく、男性が結婚に前向きなことはあまりありません。

女性側から男性に「結婚しよう」と思わせなければなりません。

 

自発的に結婚する気にはならない

結婚を決意させる方法としてよく言われることは、大きく分けて二つあります。

 

一つ目は、家事をしてあげたり、男性の話をよく聞いて気分をよくしてあげて、居心地のいい女性と思ってもらい、彼が自発的に結婚するよう促す、というものです。

二つ目は、直接的であれ間接的であれ「結婚してほしい」という思いを伝えるものです。

 

一つ目の自発的に結婚するように向かわせる方法は、正直私はオススメしません。

なぜなら、居心地のいい女性になっても、彼が結婚する気になる可能性は低いからです。

 

いくら家事をしてあげたり、話を合わせたりしても、結婚する必然性は芽生えません。

同棲してやってもらえば、それで済むことなのです。

 

もちろん「そこまでやってもらったのだから結婚してあげよう」と思う男性もいるでしょうが、そこまで気を回せない男性では彼女が結婚したいからそうしていると気づかなかったり、その思いを利用してあなたを自分に都合のいいように扱う男性もいるでしょう。

 

結婚を迫るしかない

男性に結婚を決意させるには、あなたが結婚したいことをストレートに伝えるしかありません。

あいまいな態度を取るようなら、「結婚する気がないなら別れる」ぐらいのことを言ってもいいと思います。

 

そこまで言われれば、男性も結婚について真剣に考えます。

あなたのことが好きでずっと一緒にいたいなら結婚を決意するでしょう。

 

ですが、結婚を迫ったことで別れる結果になることもありません。

残念なことではありますが、別に悪いことではありません。

 

理由はどうあれ、彼はあなたと結婚する気はないのです。

結婚が目標であるなら、結婚してくれない彼とは別れ、結婚する気がある男性を探すべきなのですから。

 

結婚したいなら、彼に勇気を出して結婚を迫りましょう。

 

また私が知る限りですが、結婚を決意した男性の多くが女性に結婚を迫られており、彼女がいるにも関わらず結婚していない男性の多くは彼女から結婚についてはっきりとは迫らせていないということもお伝えしておきます。