結婚してもいい相手を見極める、ある一つの方法をお伝えします。

結婚相手を見つけるには、何度も出会いを作るしかありません。

出会いの数を増やせば、自分がどんな人と合うかわかりますし、色々な方法を試せば効率的な出会い方もわかってきますので、合う人と出会う確率が高まります。

関連記事:結婚相手を見つける方法はただ一つ!当たり前だからこそ正しいのです。

 

それでは出会ったその先、どのように結婚するべき相手を選べばいいのでしょうか?

結婚するほど自分と合うか合わないか、どのように見極めればいいのでしょうか?

 

私の答えは一つです。

 

相手といるとき、ありのままの自分でいることです。

そうすれば、結婚してもいいぐらい相性が良い人が残り、合わない人はいなくなります。

 

素の自分を出そう

ありのままの自分でいるとはどういうことでしょうか?

 

「こういう風にしたほうがウケがいいかな?」

「こんなことを言ったら引かれちゃうかも…」

ということはあまり考えずに、普段仲の良い友達と話すこと、していることをするのです。

 

もちろん、ある程度の礼儀や気遣いは必要です。

いきなりラーメン屋でデートするとか、初対面でもタメ口で話すとか、そういうことではありません。

 

最初は多少気を使いつつ、徐々に友達と接するようにしましょう。

意識すれば少しずつできると思います。

 

合う人が残った実例

私の話をします。

 

私は昔から、「会社を辞めて独立したい」と思っています。

ですが、そのことは言わずに婚活していました。

 

あるとき、婚活を通じて彼女ができました。

ところがその彼女は、独立どころか、転職にさえ反対するようなタイプの女性でした。

 

当然のように、仕事に対する意見は合いませんでしたね。

結局、長くは続かず、別れることになりました。

 

反省した私は、出会ったら早い段階で「本当は会社を辞めて独立したい」ということを話すようにしました。

 

おかげで、婚活が上手くいかなくなりました。笑

多くの女性は「独立したい」と思っている経済的に不安定になる恐れがある男性とは付き合いたくないのでしょう。

 

ですが、引かない女性もいます。

むしろ、共感してくれる女性さえいます。

 

今の私の妻がまさにそうです。

 

嫌われる勇気を持とう

素の自分を出すと怖いと思う方もいるかもしれません。

 

たしかに怖いです。

多くの異性に嫌われることさえあります。

 

ですが、結婚相手はただ一人です。

離婚して再婚という手段もありますが、ほとんどの人は避けたいでしょう。

 

相手に気を使って、言いたいことも言わずに我慢して、合わない人と結婚してしまうのは悲劇です。

先に嫌われてしまうほうが、お互いにとっていいことです。

 

また、世の中には色々な人がいます。

多くの人に引かれるようなことであっても、喜んでくれる人、共感してくれる人も少しはいるのです。

 

少しずつできる範囲で構いません。

素の自分を出す勇気を持ってみましょう。

 

そうすれば、合う人が残り、合わない人はいなくなります。

やることはシンプルなので、難しいことはありません。

 

そのことでフラれてしまったり別れてしまうのは辛いことかもしれませんが、結婚は一人としかできません。

恐れずにやってほしいと思います。

 

一時期話題になった、下記の本もオススメです。

 

 

嫌われる勇気。

私がお伝えしたいことはまさにそれです。