結婚相手を見つける方法はただ一つ!当たり前だからこそ正しいのです。

結婚したい人が一番知りたいのは、「どうすれば、良い相手と出会えるか?」ということではないでしょうか?

私の答えは至ってシンプルで、当たり前のことです。

 

出会いを作ることです。

何度も何度も、出会いを作ることです。

 

出会いを作ることで、結婚相手が見つけられる理由は4つあります。

 

異性に慣れることができる

出会いを作れば、異性に慣れることができます。

 

極端な例をあげますが、異性に不慣れでただ話すだけでも緊張してしまうようでは、なかなか恋愛は上手くいかないかと思います。

 

ですが、これは単に慣れの問題で、慣れれば解消することができます。

多くの異性と出会っていれば、緊張するようなことはなくなり、どんなことを話せばいいかもわかってきます。

その経験は、本当にタイプの人が現れたときに役立つかと思います。

 

合う人と出会う確率が上がる

みなさん、結婚するなら自分と相性が良い人と結婚したいだろうと思います。

出会いを作れば自分と合う人と出会う確率は上がります。

 

当たり前の話ですよね?

ですが、これが意外にできなかったりします。

 

「合コンにいい人は来ない。」

「焦ってもいい出会いはない。」

などとよく聞きますが、何もしないよりは合コンに行ったほうがいいし、焦っていても出会いは作ったほうがいいです。

 

がんばって出会いを作るのが面倒だからなのか、あるいはかっこ悪いからなのか、「出会いを作りましょう」というと上記のような理由を持ち出してやらない人が大勢います。

 

ですが、出会いは作ったほうがいいのです。

多ければ多いほど、いい人と出会う可能性は上がります。

 

単純に確率の問題です。

難しい話ではありません。

 

合う人がどんな人かわかる

そもそも自分に合う人とはどんな人でしょうか?

多少なり話したり、デートしたりするとわかってきます。

 

これもまた当たり前の話ですが、頭の中で思っているタイプの人と、現実は違います。

会ってみたら「イメージと違った」ということはあります。

 

例えば、私は読書が好きなので、読書好きの人と付き合いたいと思っていました。

偶然にも読書好きの女性とデートする機会がありましたが、想像していたよりも話が弾みませんでした。

 

読書好きだからこそ、好きな本にはこだわりがあります。

私と彼女は好きな本が違ったのです。

 

結果として、「読書好きじゃない人とのほうが、話が盛り上がったのではないか?」と思うようなデートになってしまいました。

 

出会いを作れば、そういったことがわかります。

 

効率的な出会い方がわかる

出会いの作り方で、出会う人のタイプが異なります。

 

極端な例をあげます。

クラブでナンパしてくる男性は高い確率で遊び人でしょうが、高額な入会金などを払って入会する結婚相談所に遊び人はほとんどいないでしょう。

 

何度となく出会いを作っていくと、自分と相性が良い人と出会うには、どんな出会い方がいいか徐々にわかってきます。

また、相性が良い人が多いのだから、出会いが次につながる確率も上がってきます。

 

出会いを作れば作るほど、効率的な出会いが作れるようになるでしょう。

 

以上、結婚相手を見つけるには出会いを作るしかないという話でした。

 

具体的な出会いの作り方については、下記の記事をご覧ください。

関連記事:自然な出会いと婚活・恋活、メリット・デメリットを説明します。

関連記事:オススメの婚活方法3選。結局どれがいいかまで具体的に説明します。