7割は幸せなのに…なぜ「結婚して幸せ」な話が少ないのでしょう?

結婚に関して見聞きする話って、ネガティブなものが多いと思いませんか?

 

「結婚生活は大変」

「我慢が必要」

「旦那は家にいないほうがいい」

「嫁が怖い」

 

ちょっと考えただけでも、いくらでも思いつきます。

 

しかし、そもそも結婚している人は幸せなのでしょうか?に書いた通り、実際は7割程度の既婚者が結婚生活に満足しています。

 

なぜ実態以上に、結婚生活が悪く言われているのでしょうか?

 

幸せな話をわざわざしない

既婚者である私にはわかります。

 

多くの既婚者は「結婚して幸せ」という話を人前ではしません。

 

日本には自慢は嫌われる文化があります。

 

「結婚して幸せ」なんて言うのは気が引けますし、言ったところで茶化されて、返って自分が不快な思いをすることになりかねません。

また話している相手が独身だったりすると、結婚の話をするのは悪い気がしてしまいます。

 

逆に、配偶者の悪口のほうが言いやすいですね。

「ウチの嫁が怖い」とか、「旦那が家事を手伝ってくれない」といった話であれば、だれも気分を害しませんし、盛り上がることも多いでしょう。

 

そのようなわけで、結婚に対するポジティブな話を見聞きすることは少なく、ネガティブな話ばかりが広がるのかと思います。

 

もちろん、本当に大変な結婚生活を送っている人もいるとは思います。

ですが、実態以上に「結婚生活は大変」という話は多いでしょう。

 

自慢するのは変わった人

そんな中でも、結婚に対して肯定的な話をする人はいます。

しかしそれもまた、結婚に対する誤解を広める要因になっていると私は思います。

 

盛り上がらない、むしろ反感を持たれやすい結婚生活の肯定的な話…つまり自慢と受け取られかねないことが言える時点で、ちょっと変わった人である可能性が高いです。

そのため本人に悪気はなくても、相手によってはイヤな気持ちになるような話をしてしまうことが考えられます。

 

例えば、旦那の年収がいかに高いか話してしまうことなどですね。

人によっては、結婚は打算の産物であるかのような印象を受けてしまい、結婚に対して否定的になる原因となるかもしれません。

 

結婚に対して肯定的な意見は出にくく、仮に出たとしても空気が読めないただの自慢であること。

これが「結婚しても幸せにはなれない」と感じる人が多い理由だと私は思います。

 

結婚して幸せな人はいます

ですが、結婚して幸せな人もいます。

 

繰り返しになりますが、そもそも結婚している人は幸せなのでしょうか?にも書いた通り、7割の既婚者は結婚生活に満足しています。

もちろん、私も幸せです。

 

その他、手前味噌で恐縮ですが、「のろけちょー」という私が作っているノロケ話の投稿サイトにも、結婚して幸せな話が多数掲載されていますので、ご興味がありましたらご覧ください。

 

結婚して幸せな人はいます。

その数は、世間で言われている以上に多いです。

 

これを読んでいるあなたにも、ぜひそうなってほしいと願っております。